思いついたこと、気になったこと、ポチポチ書いていきましょうか・・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
"shopgirl"
すべてを求めずにおくことで、傷付くのを避けるか・・・

DSC_5736.jpg



・・・大人の言い訳。
クレア・デーンズ スティーヴ・マーティン
コメディアンの彼が脚本も・・・中年男の夢?

監督は「真珠の耳飾りの少女」の製作を手がけたアナンド・タッカー。
「恋の商品価値」なんて邦題、誰が付けたんだ!?
スポンサーサイト

テーマ:今日観た映画 - ジャンル:映画

硫黄島 2部作
日本では、「硫黄島からの手紙」が先にDVD化されていたが、「父親たちの星条旗」と順番に見たいと思い、少し待っていた。

先に「Flag of our Fathers」、次の日「硫黄島からの手紙」をみた。

細かい話は書かないが、やはりクリント・イーストウッドは監督として、いや、人間としてすばらしい人だと感じた。

国家の戦略によって、左右されてしまう普通の人々(私たち)。

声高に批判するでもなく、叙情的になるでもなく、描かれた戦争の話は、物事を見る公平さを感じた。
意志・考えは強くあっても、偏らないで見る目が大事なのだと、反省の気持ちを持った。

flag.jpg

SWEPT FROM THE SEA
TSUTAYA DISCASで2枚ずつ届くDVDの中で、時間つぶしにしかならないものや思ったほどでもないもの・・・・
でも、時々「見落としていた・・けど、見てよかった」と思える映画がある。

今日の1本は、「みんなと違う」「解らない」それゆえの「差別」の中で、愛を感じるお話・・・・・

空白を感じるとき、誰かに会いたいとき、海を見る・・そんな時ってあるよね。

おススメ度 ☆☆☆
r081499698L.jpg

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。